【大阪天満宮】学業成就だけじゃない!ご利益豊富なパワスポ

大阪市北区に鎮座します「大阪天満宮」(おおさかてんまんぐう)は全国の中でも上位に入る「天神社」を代表する神社で(総本社は京都の北野天満宮)毎年7月24日・25日には日本三大祭のひとつ「天神祭」が行われる場所としても有名です!

 

また大阪天満宮では本殿を通り抜ける「本殿通り抜け参拝」や1年間幸福になる「うそ替え神事」などご利益豊富なイベントが多数ある神社でもあります。

 

そんな大阪の観光スポットでもある大阪天満宮を見ていきましょう。

 

大阪天満宮の見どころ

  • 大阪天満宮のはじまり「大将軍社」
  • 表大門の天井にあるカラフルな「方位盤」
  • 合格祈願・出世祈願のパワースポット「登竜門」
  • 「願い玉」に願いを込める

 

 

大将軍社の創建が大阪天満宮の原点

白雉元年(650年)に孝徳天皇(こうとくてんのう)が難波長柄豊崎宮(なにわのながらのとよさきのみや)を造営した際、その西北に守護神として大将軍社を創建したのがそもそものはじまりで延喜元年(901年)に菅原道真が大将軍社に参詣し旅の安全を祈願しました。

 

延喜3年(903年)に道真公が亡くなり天暦3年(949年)に大将軍社の前に7本の松が生え霊光を放ったという奇妙な話が都に伝わり、それを聞いた村上天皇の勅命によりこの地に天満宮が建立されることになりました。

 

大阪天満宮は度々火災に見舞われ享保9年(1724年)の享保の大火では全焼しました。のちに復興しましたが天保8年(1837年)の大塩平八郎の乱でまたも全焼し、天保14年(1843年)に再建され現在に至っています。

 

菅原道真をご祭神として祀る社殿とご利益

ご祭神は平安時代に活躍した政治家「菅原道真」で別名「天神様」とも呼ばれています。

 

ご祭神

  • 菅原道真(すがわらのみちざね)

天満宮は菅原道真の怒りを鎮めるため!?牛・梅などの由来は

相殿

  • 手力男命(たぢからおのみこと)
  • 猿田彦大神(さるたひこおおかみ)
  • 野見宿禰(のみのすくね)
  • 蛭子尊(ひるこのみこと)

 

ご利益

  • 学業成就
  • 合格祈願

 

表大門の天井にある一風変わった「方位盤」

大阪天満宮の表大門の天井にはカラフルな美しい「方位盤」が吊るされています。

 

そしてよく見ると十二支の「酉」が鶏ではなく「鳳凰」になっています!これには当然訳があり、菅原道真が道明寺にある叔母(覚寿尼)のところに訪れた際に(道明寺天満宮には道真公と覚寿尼がご祭神として祀られています)別れを惜しむ中で鶏の声により出立を促されたため、鶏系の物はお供えにしないと言われています。

 

また鶏は不吉を告げる妖鳥であるとか、雷を呼ぶ等と言われているため天神信仰においては忌避されています。

 

そこで「酉」が「鳳凰」になったわけですが、大将軍とは陰陽道でいう西方の星「太白星(金星)」の精であり、その乗り物が鳳凰であったため、「鳳凰」が描かれています。

 

大坂四ヵ所の清水と賞された「天満天神の水」

江戸時代の町人は生活用水を河川や井戸から汲んでいましたが、その井戸水は決して良水とは言えませんでしたが、大阪天満宮の井戸水は「千日前の福井の水」「道頓堀の秋田屋の水」「聚楽町の愛宕の水」とともに「大坂四ヵ所の清水」と賞された評判の水でした。

 

その名水を毎月1日・10日・25日の3日間だけ頂くことができます。(9:00~17:00まで)

 

合格・出世開運のパワースポット「登竜門」

大阪天満宮では「本殿通り抜け参拝」という通常では参拝者が立ち入ることができない本殿の中を通る参拝があります。

立身出世の関門を意味する登竜門を通ってご利益を授かりましょう!

 

登竜門通り抜け参拝をするには授与所にて「合格守(初穂料3,000円)」を購入する必要があります。

その中に「御本殿参拝券」が入っていますので、行ける日時に当日持っていき通り抜けができます。毎年1・2・3月に数回行われおり、日時も参拝券と一緒に同封されています。

ちなみに令和2年(2020年)の通り抜け参拝日時は

  • 1/10(金)15:00~16:00
  • 1/11(土)15:00~16:00
  • 1/19(日)15:00~16:00
  • 1/24(金)14:00~15:00
  • 1/25(土)14:00~15:00
  • 2/2(日)15:00~16:00
  • 2/15(土)15:00~16:00
  • 3/7(土)15:00~16:00

となっています。例年ほぼ似たような日程となっています。

 

合格祈願の参拝で並ばれている受験生やビジネスマン・経営者の方も参拝されいて、ご心身の名刺を奉納することによって出世開運・昇進のご利益が授かれると言われている通り抜け参拝です。

 

1年間の幸運をゲットできる「うそ替え神事」

大阪天満宮では変わった神事があり、それが「うそ替え神事」です。1月24・25日に境内で行われる「うそ替え神事」はご祭神である『菅原道真』が無実の罪で左遷された後も「誠の姿勢」を貫いたことにちなんだ神事です。

 

「うそ替え神事」では1人1つずつ「鷽鳥(うそどり)御守」を持ち、太鼓の音に合わせ周りの人とお守りを交換していきます。

 

最後に手元に来たお守り袋を開け金製か銀製の鷽鳥の引換券が入っていれば1年間幸福になれるといわれています。

 

「願い玉」に願いを込めて運試し

大阪天満宮の境内を奥の鳥居から出た場所に星合池があり、その池の梅の花を模した的があります。

 

  • 赤:良縁・恋愛
  • 黄:商売繁盛
  • 白:健康・病気平癒
  • 青:芸能・芸術・武術
  • 緑:学徳・合格
  • 金:万願成就

 

願い玉を3つ選び(初穂料500円)成就させたい思いを心に浮かべながら的に願い玉を投じ、願いごとをした色の的に願い玉が載れば成就すると言われています。

 

自動販売機もお祭りモードで見るだけでテンションが上がりますね!

 

大阪天満宮の境内社

大将軍社(摂社)

ご祭神である菅原道真公が太宰府に向かう前に参拝したという大将軍社。

天満宮の創建よりも250年も遡った650年に創建され、大将軍社が鎮座されているこの地に天満宮が創建されたことになります。

 

白米稲荷社

白米稲荷社のご祭神は稲荷大神(いなりおおかみ)をお祀りしており、伏見稲荷大社の奥院と称されています。

 

八坂社

八坂社のご祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)で疫病退散・縁結びなどのご利益があります。

 

八坂神社の総本社

 

吉備社・八幡社・松尾社

左手「吉備社」・真ん中「八幡社」・右手「松尾社」になります。

  • 吉備社…ご祭神は吉備真備(きびのまきび)
  • 八幡社…ご祭神は応神天皇(おうじんてんのう)
  • 松尾社…ご祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)

 

ご祭神をお祀りする神社

 

神明社

神明社のご祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)と豊受皇大神(とようけすめおおかみ)の2柱を祀っています。

 

天照大御神と豊受皇大神を祀る神宮

 

老松神社

老松神社のご祭神は住吉大神(すみよしおおかみ)と神功皇后(じんぐうこうごう)の2柱を祀っています。

 

白太夫社

白太夫社のご祭神は道真公の教育係として仕えた渡会春彦(わたらいはるひこ)で子授けのご利益があります。

 

老松社 紅梅殿

老松社紅梅殿のご祭神は道真公が愛でた梅の霊「御愛樹之霊」を祀ります。

 

十日えびすは主役になる蛭子門

表大門の隣にある蛭子門は普段は大阪天満宮の駐車場の入り口になっています。

 

大阪天満宮のアクセス

神社名:大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)

住所:大阪府大阪市北区天神橋2-1-8

駐車場:無料駐車場あり

 

大阪天満宮の周辺神社

【大阪市堀川戎神社】日本三大えびす!?で商売繁盛のご利益

【恋人の聖地お初天神】大阪露天神社で縁を結び叶える

【大阪福島天満宮】学業・健康・縁結び・商売のご利益神社

【大阪市坐摩神社】住所が渡辺!?いかすり神社でご利益

大阪天満宮
最新情報をチェックしよう!