【伊勢神宮内宮】日本8万社超の最高峰『神宮』でパワーを注入

三重県伊勢市に鎮座します伊勢神宮(いせじんぐう)は日本に約8万1000社以上あると言われています神社のトップです。

 

伊勢神宮には内宮・外宮があるのはご存じの方は大半だと思います。家族旅行でお参りに来られたり、とりあえず神社に参拝しようという方の大半は伊勢神宮の内宮だけでお参りを済ませてしまう人も少なくありません。

しかし内宮・外宮のどちらかだけをお参りするのは、「方参り」といってあまり良くないとされています。

 

実際、伊勢神宮を全部回ろうとすると内宮・外宮の他に内宮の別宮・外宮の別宮などが境外にあり、全部で125の官社がありパワースポットも一緒に見ながら参拝するのは1日では厳しいと思いますが、内宮と外宮だけをお参りするのであれば半日あれば可能です。

 

ですから、伊勢神宮にお参りされる際は外宮→内宮の順で最高峰の伊勢神宮のご利益を十分に授かれるスケジュールを組むことをお勧めします。

 

【伊勢神宮外宮】お伊勢参りスタート地点!衣食住の神にご利益授かる

 

それでは「伊勢神宮内宮」で別名「皇大神宮」(こうたいじんぐう)を見ていきましょう。

 

三種の神器の一つ「八咫鏡」と神宮の歴史

三種の神器の一つ「八咫鏡」と神宮の歴史

天照大御神の孫である『瓊瓊杵尊』(ににぎのみこと)が高天原(たかまがはら)から地上に降り立った「天孫降臨」の際に瓊瓊杵尊に宝鏡「八咫鏡」(やたのかがみ)を授けました。

 

この鏡は『天照大御神』をお祀りするご神体となっており、代々宮中で天皇自身がお祀りしていましたが、『崇神天皇』(すじんてんのう)の御代に自身の側にお祀りすることを恐れを抱き大和の笠縫邑(かさぬいのむら)に神籬(ひもろぎ)を建てて天皇の代わりに『豊鍬入姫命』(とよすきいりびめのみこと)が皇大御神をお祀りすることになりました。

 

しかし垂仁天皇(すいにんてんのう)の御代になると豊鍬入姫命と代わり『倭姫命』(やまとひめのみこと)が新たに皇大御神をお祀りするにふさわしい場所を求めることになり、大和の国をはじめ伊賀・美濃諸国を巡り、伊勢国の渡会の地・宇治五十鈴の川上にいたられ、皇大御神のお教えのままに「祠」を建ててお祀りすることになりました

 

これが神宮のはじまりで約2000年前の事です。

 

現在のように大規模になったのは『天武天皇』(てんむてんのう)から『持統天皇』(じとうてんのう)の御代にかけての事と言われています。

 

この時代に20年の1度の大祭神宮式年遷宮がはじまりました。

 

日常の世界から神域の世界を結ぶ架け橋

日常の世界から神域の世界を結ぶ架け橋

伊勢神宮の鳥居をくぐると五十鈴川にかかる宇治橋が現れます。宇治橋は全長101.8m・幅8.4mで『日常の世界から神聖な世界を結ぶ架け橋』と言われています。

 

橋を渡り向こう岸の鳥居に着くまでに、身も心も正して清い気持ちで境内に入りましょう。

 

おすすめポイント

※冬至を挟む前後2ヶ月はこの位置から神様が現れるのではないだろうかというほどの美しい朝日を見ることができます。(内宮のご祭神の天照大御神は太陽神とも言われています)

 

冬至の全後2ヶ月・日の出から約30分後の約10分間だけ見ることができるので是非とも伊勢神宮の神秘を体験してください。2020年の冬至は12月21日と言われています。ですから前後2ヶ月なので10月21日~2月21日あたりです。

 

おすすめポイント

宇治橋には16基の擬宝珠(ぎぼし)があり、入り口から2つ目の擬宝珠には「万度麻」(まんどぬさ)という御札が納められています。

 

万度麻という御札は「1万回お祓いを請けたのと同じ霊験がある」とされており、その擬宝珠を触ると「運気が上がる」「パワーがもらえる」また「旅の安全」や「再度伊勢神宮を参拝できる」といったご利益もあります。

 

日本の最高神『天照大御神』を祀る正宮

日本の最高神『天照大御神』を祀る正宮

内宮の中心となる正宮。ここには日本の最高神であり皇室の御祖神でもある『天照大御神』(あまてらすおおみかみ)をご祭神としてお祀りしています。

 

階段を上がり鳥居をくぐった瞬間から温もりを感じられます。

 

ここでが外宮の正宮と同じで日々の感謝のみを伝えます。個人的な祈願は天照大御神の荒魂をお祀りしている別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)でしましょう!

 

伊勢神宮内宮 境内社

荒祭宮(別宮)

荒祭宮(別宮)

内宮の別宮荒祭宮(あらまつりのみや)のご祭神は天照大御神の荒御魂を祀っています。

 

内宮には10社の別宮があり、そのうちの第一に位してます。

 

※神様の穏やかな働きを「和御魂(にぎみたま)」に対して荒々しく格別に顕著な神威を表す御魂の働きを「荒御魂(あらみたま)」と言います。

 

おすすめポイント

正宮では感謝の気持ちのみのお参り。ここ荒祭宮では個人的な願い事を祈願してください。

 

御稲御倉

御稲御倉

荒祭宮に向かう途中に鎮座します「御稲御倉」(みしねのみくら)は内宮の所管社で、神宮神田から収穫した抜穂(ぬいぼ)の御稲が奉納され、祭典の大御饌(おおみけ)として神前にお供えされます。

 

ご祭神の御稲御倉神(みしねのみくらのかみ)は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)とも言われています。

 

内宮の心臓部パワースポット「四至神」

内宮の心臓部パワースポット「四至神」

内宮神域の境界の守り神とされています『四至神』(みやのめぐりのかみ)四至とは神域の四方を意味しています。

四至神は神宮の所管社にあたり、社殿をもたない石畳みの上に石神として神様をお祀りしています。

 

おすすめポイント

手をかざすことは神様に失礼にあたりますので、2礼2拍手1礼で神様に祈願し、内宮心臓部のパワースポットのご利益を授かってください。

 

樹齢1000年のパワーツリー

樹齢1000年のパワーツリー

荒祭宮に向かう途中に現れるのが巨大な神宮杉『パワーツリー』です。パワーツリーを求め参拝者が木に触れているので根元がツルツルとした光沢があります。

触れて樹木のパワーを注入しましょう!

 

踏むと災いが起こる『踏まぬ石』

踏むと災いが起こる『踏まぬ石』

荒祭宮に向かう最後の下りの階段に『踏まぬ石』があります。下から数えると14段目になります。

 

大勢人がいると普通に気付かずに踏んでしまいそうな石ですが、石の割れ目が「天」という字に見えることから、天から降ってきた石とも言われています。

 

踏むと災いが起こると言われている『踏まぬ石』必ず避けて通って下さい!

 

原点に戻って超シンプルな御朱印

原点に戻って超シンプルな御朱印

現在ではカラフルな御朱印が流行っている中で『内宮之印』というスタンプと日付といった至ってシンプルな御朱印。逆に神宮だからできるシンプルさなのかもしれません。

 

外宮は『外宮之印』とスタンプされています。

 

伊勢神宮内宮のアクセス

神社名:皇大神宮(こうたいじんぐう)伊勢神宮内宮(いせじんぐうないくう)

住所:三重県伊勢市宇治館町1

駐車場:1時間無料・1~2時間500円・以降30分ごとに100円加算

アクセス:近鉄電車・JR「伊勢市駅」近鉄「宇治山田駅」からバス20分

営業時間:

  • 1月~4月5:00~18:00
  • 5月~8月5:00~19:00
  • 9月5:00~18:00
  • 10月~12月5:00~17:00

 

伊勢神宮外宮の関連神社

【伊勢神宮外宮】お伊勢参りスタート地点!衣食住の神にご利益授かる

【伊勢神宮内宮別宮・倭姫宮】神宮創建の中心神!倭姫命を祀る宮

伊勢神宮内宮「月讀宮」(別宮)執筆中

伊勢神宮内宮「瀧原宮」(別宮)執筆中

伊勢神宮外宮「月夜見宮」(別宮)執筆中

伊勢神宮外宮の周辺神社

【伊勢・猿田彦神社】方位除け八角が道を開く!最強ご利益神社

上田神社 執筆中

世木神社 執筆中

伊勢神宮内宮
最新情報をチェックしよう!