【兵庫弓弦羽神社】導きの八咫烏ゆづ丸!願いよ届け!

兵庫県神戸市東灘区に鎮座します「弓弦羽神社」(ゆづるはじんじゃ)は八咫烏を神使いとしてご祭神は「根本熊野三所大神」と称される3柱の神様をお祀りしています。

 

ご利益は開運勝利や縁結びなどがあります。

 

弓弦羽神社の名前にちなんでフィギュアスケートの羽生結弦選手のファンが集う聖地としても有名です。

 

また導きの八咫烏が願い事を叶えてくれるパワースポットしても知られています。

 

それでは弓弦羽神社を見ていきましょう。

弓弦羽神社 基本情報
  • 神社名:弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)
  • ご祭神:伊弉冉尊・事解之男命・速玉之男命・天照大御神・素戔嗚尊
  • ご利益:開運勝利・縁結び・家内安全・諸願成就・交通安全守護・恋愛成就
  • 旧社格:村社
弓弦羽神社 アクセス
  • 住所:兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27(Googleマップ)
  • 駐車場:無料駐車場あり
  • アクセス:阪急電車神戸線「御影駅」下車 徒歩5分
  • 営業時間:9:00~17:00(授与所)

 

目次

弓弦羽神社の人気キャラ「ゆづ丸」が神様に願いを届けてくれる!

弓弦羽神社の人気キャラ「ゆづ丸」が神様に願いを届けてくれる!

弓弦羽神社の神使い八咫烏のキャラクター「ゆづ丸」は願い事を書くと神様に届けてくれると言われています。

 

ゆづ丸は奉納用と持ち帰り用の2種類が選べます。(黒色・ゴールドの2種類)

 

  1. ゆづ丸を授与所で購入する(初穂料800円)
  2. 神に願い事を書く
  3. ゆづ丸のお腹に願い事を書いた紙を入れる
  4. 日付と名前を書き、自分なりの羽を書きます
  5. 拝殿前の奉納台を納める

 

弓弦羽神社の人気キャラ「ゆづ丸」が神様に願いを届けてくれる!

これで八咫烏のゆづ丸が願いを神様に届けてくれます。

 

創建1200年の古社「弓弦羽神社」の歴史と社殿

創建1200年の古社「弓弦羽神社」の歴史と社殿

弓弦羽神社は今から約1200年前の嘉祥2年(849年)に創建されました。

 

神功皇后が三韓征伐から帰途し、熊野大神に戦勝祈願をするために、この地に弓矢と甲冑を納めた事から背後の山を「弓弦羽岳」「武庫山」と呼ぶようになりました。

 

ご祭神

創建1200年の古社「弓弦羽神社」の歴史と社殿

ご祭神は「根本熊野三所大神」と称される神様をお祀りしています。

主祭神

  • 伊弉冉尊(いざなみのみこと)
  • 事解之男命(ことさかおのみこと)
  • 速玉之男命(はやたまのおのみこと)

配祀神

  • 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
  • 素戔嗚尊(すさのおのみこと)

 

ご利益

ご利益

  • 開運勝利
  • 縁結び
  • 家内安全
  • 諸願成就
  • 交通安全守護
  • 恋愛成就

 

神戸市指定の天然記念物「ご神木」

神戸市指定の天然記念物「ご神木」

ご神木のムクノキは根回り5m・樹高16m・樹齢350年で神戸市内最大のムクノキです。

 

平成15年に神戸市指定の天然記念物に指定されました。

 

フィギュアスケート羽生結弦選手も参拝された神社

フィギュアスケート羽生結弦選手も参拝された神社

羽生「結弦」選手と同じ名前の「弓弦」羽神社は羽生選手ファンの聖地として崇められ、ファンから送られてきたお守りを通じてこの神社の存在を知り、2011年7月に参拝し2012年に開催されたソチオリンピックでは見事に金メダルを獲得しました。

 

今でも羽生結弦選手ファンの聖地として絵馬掛け所にはファンからの願掛けがたくさん掛けられています。

 

日本のサッカー発祥の地

日本のサッカー発祥の地

八咫烏といえば日本サッカー協会のシンボルですが、御影は日本サッカー発祥の地と言われています。

 

境内には神戸のプロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」「INAC神戸レオネッサ」が奉献した”御影石で作られたサッカーボール”があります。

 

お守り・絵馬・御朱印など授与所

お守り・絵馬・御朱印など授与所

お守りは勝守・サッカーボール型守・導き守・仕事守・夢叶う御守・合格守・厄除開運守・健康守・病気平癒守・安産守・交通安全守・金運守・ペット守(初穂料800円~1000円)など豊富なお守りがあります。

 

また絵馬もからす絵馬・サッカー絵馬・社印絵馬・八九絵馬と4種類もあります。

 

弓弦羽神社の境内社(摂社・末社)

 

松尾社(末社)

松尾社(末社)

松尾社のご祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)中津島姫命(なかつしまひめのみこと)の2柱をお祀りしています。

 

松尾社は京都松尾大社の勧請で古くから酒造の守護神として信仰を集めています。

 

十二社(末社)

十二社(末社)

弘化4年(1847年)に境内にあった末社をすべて合わせて相殿にし新築しました。現存の建物では一番古い建物になっています。

  • 秋葉社(火伏の神)
  • 稲荷大明神(衣食住守護の神)
  • 八幡宮(国家鎮護の神)
  • 高良宮(厄除・長寿の神)
  • 金刀比羅社(航海安全の神)
  • 荒神社(かまどの神)
  • 船玉神社(船の守護神)
  • 水神宮(水の守護神)
  • 霊符神(星宮之社・方位の守護神)
  • 猿田彦大神(交通安全の神)
  • 蛭子宮(恵比寿神・商売繁盛の神)
  • 天満宮(学問の神)

 

遥拝所

遥拝所

社殿の向かって右手に鎮座するのが遥拝所です。

 

遥拝所と言えば一般的には伊勢神宮や皇居宮城遥拝所ですが、弓弦羽神社は他に元宮である熊野三山も遥拝しています。

 

弓弦羽神社のアクセス

弓弦羽神社のアクセス

  • 神社名:弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)
  • 住所:兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27(Googleマップ)
  • 駐車場:無料駐車場あり
  • アクセス:阪急電車神戸線「御影駅」下車 徒歩5分
  • 営業時間:9:00~17:00(授与所)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる