運気が上がる開運グッズを集めてみました!開運グッズを見る

    【島根・揖夜神社】黄泉の国の近くに鎮座するスピリチュアルスポット

    【島根・揖夜神社】黄泉の国の近くに鎮座するスピリチュアルスポット

    揖夜神社(いやじんじゃ)は島根県松江市東出雲町揖屋 (いや)に鎮座する神社です。

    創建についての詳細は不明ですが、【日本書紀】には「言屋社」、【出雲国風土記】には「伊布夜社」、【延喜式神名帳】には「揖屋神社」と記載されていることから、奈良時代には存在していたと思われます。

    ご祭神はイザナミノミコトで揖夜神社の東方の東出雲町揖屋平賀には、日本神話でイザナギがイザナミを迎えに行ったとされる黄泉の国の候補地、黄泉平良坂(よもつひらさか)があることから、黄泉の国に縁の深い古社とされています。

    黄泉比良坂とは日本神話に登場する場所で、神話では「伊邪那美尊(いざなみのみこと)の死をきっかけに、伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)は「生者の国」、伊邪那美尊は「死者の国」とそれぞれの道を歩むことになります。
    伊邪那岐尊は、亡くなった妻の伊邪那美尊に逢おうと黄泉国に向かったのですが、死者となって変わり果てた伊邪那美尊の姿を見て恐怖から逃げ帰ってしまった。
    これに怒った伊邪那美尊は追手と共に追いかけたが、伊邪那岐尊は黄泉比良坂に巨大な岩(千引岩)を置いて黄泉国への道を塞いだ」と伝えられています。
    このことから、黄泉比良坂は あの世とこの世を結ぶ場所だと言われています。

    戦国時代には大内氏・尼子氏・毛利氏、江戸時代には堀尾氏・京極氏・松平氏などが崇敬し、それぞれ戦勝を祈念して寄進や社殿の修復などを行っています。江戸時代までは「揖屋大社」「揖屋大明神」と称されていましたが、明治になって「揖夜神社」と改称されました。

    出雲の中でも重要とされている6つの神社、意宇六社(おうろくしゃ)の一つでもあり、6社を順番に回っていく「六社参り」が有名です。
    ※意宇六社とは「熊野大社八重垣神社神魂神社揖夜神社眞名井神社六所神社

    基本情報
    • 神社名:揖夜神社(いやじんじゃ)
    • ご祭神:伊弉冉命
    • ご利益:国家安泰、子孫繁栄、家内安全、商売繁盛、五穀豊穣、病気平癒、厄難退除
    • 旧社格:式内社・県社
    • 本殿の様式:大社造
    • 祭日:御田打祭 1月3日、御田植祭 5月28日、穂掛祭 8月28日、例祭 10月19日
    アクセス

    揖夜神社では、毎年8月28日に『穂掛祭』(ほかけまつり)及び『一ツ石神幸祭』(しんこうさい)という神事が行われています。

    穂掛祭前日の27日に神職たちは揖屋神社の北に位置する中海の袖師ヶ浦(そでしがうら)で禊(みそぎ)を行います。そして、社務所にて新米で作った御神酒、煎りあげた玄米(焼米)などの神饌(しんせん)を用意します。

    祭り当日の28日早朝、その年に実った稲穂を榊(さかき)に取り付けた穂掛榊(ほかけさかき)を境内の75か所に捧げ、用意した神饌をお供えし、田の神に豊作を感謝する神事です。

    そしてその後に一ツ石神幸祭が行われます。御神輿を西揖屋海岸から御座船(神船)へ移し、袖師ヶ浦の沖にある神石の「一ツ石」までお運びします。そして、一ツ石に稲穂と甘酒を捧げ、豊作豊漁祈念・海上安全を祈願します。

    祈願の神事が終わると御座船(神船)は西揖屋に戻り、御神輿は御座船(神船)から屋台車へと移され、揖屋神社まで還幸(かんこう)行列が行われます。御神輿が先頭となり各町内の笛太鼓の囃子方(はやしかた)を乗せた屋台車を中心に、鈴成提灯をかざし行列となって町内を練り歩きます。沿道にはたくさんの露店があり大勢の人でにぎわいます。

    かつては、田の神に感謝する「穂掛祭」と豊漁祈願の「一ツ石神幸祭」は別の祭事でしたが、いつのころからか一緒に行われるようになったそうです。

    目次

    この世と黄泉の国をつなぐ黄泉平良坂

    揖夜神社この世と黄泉の国をつなぐ黄泉平良坂
    【島根・揖夜神社】黄泉の国の近くに鎮座するスピリチュアルスポット

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    目次