運気が上がる開運グッズを集めてみました!開運グッズを見る

    【大阪阿遅速雄神社】天然記念物の大クスノキにご利益授かる

    阿遅速雄神社

    大阪府大阪市鶴見区に鎮座します「阿遅速雄神社」。入る前から読み方に悩む神社名ですね。この神社の名前は「あちはやおじんじゃ」と読みます。

     

    電車でのアクセスは学研都市線の放出駅から徒歩1分ぐらいの場所にありますので利便性はOKです。

     

    そして大阪の方なら「放出」は読めると思いますが、この駅の読み方は「ほうしゅつ」ではなく「はなてん」です。

     

    「はなてん」にある「あちはやおじんじゃ」で祀られている神様は「あぢすきたかひこねのかみ」です。早口言葉みたいですね。。。

     

    境内には天然記念物に指定されているクスノキがあります。

     

    それでは阿遅速雄神社を見ていきましょう。

    阿遅速雄神社 基本情報
    • 神社名:阿遅速雄神社(あちはやおじんじゃ)
    • ご祭神:阿遅鉏高日子根神
    • ご利益:家内安全・商売繁盛・縁結び
    • 旧社格:郷社
    阿遅速雄神社 アクセス

     

    目次

    三種の神器「草薙剣」が一時保管された「阿遅速雄神社」の歴史

    阿遅速雄神社鳥居

    668年(天智天皇7年)に起きた「草薙剣盗難事件」の際に、草薙剣が一時納められたのが創建の始まりとなっています。

     

    ※草薙剣盗難事件とは、沙門も「道行」が熱田社から草薙剣を窃盗したのは2度あり、1度目は盗んで本国に渡ろうとしましたが、伊勢の国において草薙剣が独りで勝手に熱田社に還りました。

     

    再び盗み摂津国より新羅に向かって逃げましたが、途中で風雨(海難)にあい難破に漂着しました。そしてこれは神罰だと思い投げ捨てて逃げようとしましたが、草薙剣がどうしても身から離れず、ついには自首して死罪に処せられました。

     

    その後、草薙剣は里人に拾われて、阿遅速雄神社から熱田社に返還されたと伝えられています。

     

    現在もその繋がりから例祭日には熱田神宮より宮司か神職が参拝され、熱田神宮の例祭日には阿遅速雄神社の宮司が参拝するような習慣が続いています。

     

    ご祭神

    主祭神

    • 阿遅鉏高日子根神(あぢすきたかひこねのかみ)

    ☞大国主命と宗像三女神である田心姫命の子で農業・雷・不動産業の神として信仰されいる

    配祀神

    • 八劔大神(やつるぎだいじん)

    ご利益

    • 家内安全
    • 商売繁盛
    • 縁結び

     

    天然記念物に指定された大クスノキ

    阿遅速雄神社大クスノキ

    樹齢1,000年で樹高16メートル、幹周りが6メートルあります。昭和45年(1963年)に「阿遅速雄神社のクス」の名称で天然記念物に指定されました。

     

    樹齢1,000年の天然記念物のクスノキと言えば、大阪府門真市の三島神社にありますクスノキ「薫蓋樟」も樹齢1,000年で同級生です!三島神社のクスノキは拝殿と絡んであるので、触る事も抱きつく事もできます!

    【大阪三島神社】巨大クスノキ樹齢1000年の天然記念物

     

    阿遅速雄神社の鳥居

    阿遅速雄神社鳥居

    クスノキのご神木の奥に鳥居があります。

     

    ちなみに鳥居にいらっしゃるおじいさん、写真を撮る時におじいさんがいたので、先に参拝し摂末社も撮影し、すべて見て後は鳥居だけ・・・まだいてる!かれこれ何分ここにいらっしゃるのでしょう。諦めておじいさんも一緒に写しました。

     

    お守り・おみくじ・御朱印(授与所)

    阿遅速雄神社社務所

    社務所を見てもらうとわかるように、鳥居の左手にあります。おじいさんが窓ガラスに映ってるのでわかりやすいですね。

    ここでお守り・おみくじ・御朱印が購入できます

     

    狛犬が2対並んでいる拝殿

    阿遅速雄神社拝殿

    突き当りに拝殿があります。狛犬が2対(4体)に注連柱(しめばしら)は結構珍しいですね。

     

    拝殿向かって奥側の1対は昭和43年の1,300年祭時に奉納されたもので、手前の1対は文政3年(1820年)に奉納されたものです。

     

    雰囲気がすごくあります!通常は1対の狛犬が拝殿を挟んでいるので、狛犬が2対になると迫力がありますね。

     

    阿遅速雄神社の社号標石

    阿遅速雄神社社号碑

    阿遅速雄社と彫られている社号標石で久保重宣が元文元年(1736年)から2年かけて建てたものです。平成16年(2004年)に大阪市の有形文化財に指定されました。

     

    阿遅速雄神社の境内社(摂社・末社)

     

    楠木稲荷社

    手水舎の真横に楠木稲荷社があります。

     

    ご祭神は楠木稲荷大明神で商売繁盛・五穀豊穣のご利益があります。

     

    相殿社

    阿遅速雄神社相殿社

    境内右手にあります相殿社。ここには9柱の神様が祀られています

     

    ご祭神は天照皇大神・大國主大神・大歳大神・事代主大神・大地主大神・春日大神・住吉大神・八幡大神・金刀比羅大神の9柱です。

     

    大将軍社

    阿遅速雄神社

    大将軍を祀る境内末社で昭和34年造営しました。

     

    護國社

    阿遅速雄神社護国社

    国事殉難者を祀る境内末社で昭和34年に造営しました。

     

    阿遅速雄神社 お祭り・行事

    阿遅速雄神社では境内で夏祭りがあり、地元の方で賑わいます。

    • 夏祭り宵宮は7月第3週土曜日
    • 夏祭りは7月第3週日曜日
    • 例大祭は10月第3週土曜、日曜日

     

    阿遅速雄神社のアクセス

    • 神社名:阿遅速雄神社(あちはやおじんじゃ)
    • 住所:大阪府大阪市鶴見区放出東3丁目31-18(Googleマップ)
    • 営業時間:-
    • 駐車場:無し
    • アクセス:JR学研都市線「放出駅」下車徒歩3分

     

    阿遅速雄神社

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    目次
    閉じる