運気が上がる開運グッズを集めてみました!開運グッズを見る

    【京都・若一神社】見た者に幸運が訪れる座敷わらし開運フォトスポット

    【京都・若一神社】見た者に幸運が訪れる座敷わらし開運フォトスポット

    京都市下京区に鎮座します「若一神社」(にゃくいちじんじゃ)は平清盛が御神託を受け若一王子のご神体を見つけ祀ったのがはじまりの神社です。

    ご神体に開運出世の祈願をしたところ翌年に「太政大臣」を任せられ平氏の勢威がのびたことから、「開運出世」のご利益があるとされています。

    開運出世(立身出世)のご利益で有名なのが、京都市左京区に鎮座します「出世稲荷神社」ですが、それに引けを取らない神社で境内は広くはありませんが、すごくパワーを感じられる神社となっています。

    この神社には座敷わらしが現れるフォトスポットがあります!見たものには幸運が訪れると言われる座敷わらし!写真に写っていれば…‼

    それでは若一神社を見ていきましょう。

    西大路通り沿いにある若一神社の御神木
    西大路通り沿いにある若一神社の御神木
    若一神社 基本情報
    • 神社名:若一神社(にゃくいちじんじゃ)
    • ご祭神:若一王子(にゃくいちおうじ)
    • ご利益:開運出世(立身出世)
    • 旧社格:村社
    見どころ
    • 座敷わらしに会えるかも!?フォトスポット
    • 平清盛公ゆかりのご神水「神共水」
    • 平清盛手植えの楠
    若一神社 アクセス
    目次

    座敷わらしとご一緒に!幸せを手に入れるフォトスポット

    若一神社 座敷わらし
    座敷わらしさんとご一緒に!

    ご神木エリアには「座敷わらしさんとご一緒に」と言ったフォトスポットがあります。座敷わらしとは東北に伝わる見た者には幸運が訪れる精霊的小童です!

    そんな座敷わらしが若一神社にいるかもしれません。授与所では座敷わらし守を購入する事ができ、家族の賑わい・家族の繁栄のご利益があります。

    平清盛が御神託を授かり若一王子を祀った「若一神社」の歴史

    若一神社 鳥居&社号碑
    若一神社の鳥居と社号碑

    創建は宝亀3年(772年)唐から渡来し天王寺に居住した威光上人(いこうしょうにん)が紀州熊野を詣でた際、迷い苦しむ人々を救済しようと、若一王子の御分霊のご神体を背負い旅立ち、当地の古堂で一夜を明かしたところ、御神託を授かり堂中にご神体を安置しました。

    その後、当地は荒廃しましたが平清盛公が六波羅に在住していた頃には当地は浅水の森と称し、風光明媚(ふうこうめいび)な土地として名を馳せており、平清盛公は当地に西八条御所と称される別邸を造営しました。

    仁安元年(1166年)に平清盛公が熊野詣をした際に「土中に隠れたるご神体、世に出し奉斎せよ」と御神託を授かり、帰京後に邸内を探したところ、東方の築山が夜光を放っており、平清盛公みずかが3尺ほど掘った所で土中から若一王子のご神体が現れ、当地に社殿を造営し鎮守しました。

    若一神社 社殿
    若一王子がお祀りされている社殿

    ご祭神

    • 若一王子(にゃくいちおうじ)

    ご利益

    平清盛公がご神体に開運出世を祈ったところ、太政大臣を任せられた事から開運出世のご利益があります。

    • 開運出世(立身出世)

    開運出世のパワースポット平清盛公ゆかりのご神水「神共水」

    若一神社 名水神共水
    平清盛公ゆかりの御神水

    若一神社のご神水は「神共水」(じんぐすい)といい、古くから名水として知られる地下水で、運が開けた口コミが後を絶たない開運出世の水として汲みにこられる参拝者が多くいらっしゃいます。

    地元では新生児誕生の産湯としても使用されています。

    西大路通り沿いのご神木「平清盛手植えの楠」

    若一神社 ご神木
    平清盛公が植えられたという楠
    若一神社 ご神木

    西大路通り沿いにありますご神木の楠木は平清盛手植えとされ、西八条に火をかけられても楠木だけは焼け残り、また昭和初期に市電工事でこの楠木を別の場所に移し替えようとした際、工事関係者に次々と事故などの災いが襲い、やむなく断念したという魂の宿った楠木です。

    お守り・御朱印・絵馬(授与所)

    若一神社 お守り・御朱印・絵馬(授与所)
    若一神社 お守り・御朱印・絵馬(授与所)

    若一神社のお守りは「心願成就」「交通安全」「学業成就」「健康長寿」「病気平癒」「勝負」「安産」など多種多様のご利益が授かれるお守りを購入する事ができます。

    若一神社の境内社(摂社・末社)

    弁財天社

    若一神社の境内社(摂社・末社) 弁財天社

    弁財天社のご祭神は「市杵島姫命」(いちきしまひめのみこと)で芸能・音楽向上、金運・財運向上のご利益があります。

    正徳5年(1716年)に滋賀県竹生島より勧請しました。

    寿命社

    若一神社の境内社(摂社・末社) 寿命社

    寿命社のご祭神は高砂尉(じょう)と姥(うば)で夫婦円満・子孫繁栄・延命長寿のご利益があります。

    天正年間(1573年~1593年)に播州高砂神社より勧請しました。

    祖霊社

    若一神社の境内社(摂社・末社) 祖霊社

    祖霊社は昭和58年に建立し、ご祭神は若一神社の関係者です。

    稲荷社

    若一神社の境内社(摂社・末社) 若一神社

    稲荷社のご祭神は稲荷大神で商売繁盛・生業繁栄のご利益があります。

    伏見稲荷大社より勧請しました。

    若一神社のアクセス

    若一神社 鳥居
    ノバべ

    Instagramやっています!
    →→インスタはこちら←←

    若一神社の周辺神社をご紹介

    京都市内の101社から行きたい神社が見つかる最強おすすめツール!の「各エリア別神社一覧」の「京都駅周辺」になります。

    鎌達稲荷神社

    若一神社から一番近くにある神社が徒歩12分の場所に鎮座しています鎌達稲荷神社(けんたついなりじんじゃ)です。

    鎌達稲荷神社は勝負事やギャンブルが好きな方には是非とも訪れてほしい神社でご利益が「勝負運」「競技勝利」「賭博勝利」です。

    六孫王神社

    続いてご紹介しますのが、若一神社から徒歩17分の場所に鎮座しています六孫王神社(そくそんのうじんじゃ)です。

    六孫王神社は良縁成就・恋愛成就のご利益があり、桜の名所ということもあり3.4月にはたくさんの参拝者が訪れます

    吉祥院天満宮

    最後にご紹介するのが若一神社から徒歩20分の場所に鎮座しています吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)です。

    吉祥院天満宮は北野天満宮よりも早く創建された初の天満宮とも呼び声が高い神社で、初の天満宮と思えないほど色んなキャラクターが社殿を守護しています。

    【京都・若一神社】見た者に幸運が訪れる座敷わらし開運フォトスポット

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    目次
    閉じる