【京都長岡天満宮】八条が池が広がる学問の神様でご利益

長岡天満宮

京都府長岡京市に鎮座する「長岡天満宮」(ながおかてんまんぐう)は阪急京都線の長岡天神駅から徒歩10分の場所にありアクセスも良好です。

 

かつてご祭神である菅原道真が左遷される中、詩歌管弦を楽しんだ場所を名残惜しんだことから「見返り神社」とも呼ばれています。

 

天満宮の中でも広大な敷地の長岡天満宮は春シーズンにはきりしまつつじが咲き誇り観光客のお出かけスポットとなります。

 

それでは長岡天満宮を見ていきましょう。

  • 神社名:長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)
  • 住所:京都府長岡京市天神2-15-13(Googleマップ)
  • 営業時間:受付時間4月~9月9:00~18:00 10月~3月9:00~17:00
  • 駐車場:最初の40分無料 以降30分毎に100円
  • アクセス:阪急京都線「長岡天神駅」下車徒歩10分

 

菅原道真が名残惜しんだ聖地「長岡天満宮」の歴史

長岡天満宮 大鳥居

長岡天満宮は都から西南に外れた場所に位置し、延暦3年(784年)に桓武天皇(かんむてんのう)が平城京から都を移した長岡京が造営された場所であります。

 

昌泰4年(901年)に菅原道真が太宰府へ左遷された際に長岡に立ち寄り、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだ場所です。菅原道真がお亡くなりになられた後、自作の木像をお祀りしたのが創建の始まりとされています。

 

元々は約10万坪を誇っていた境内も、明治時代になり区画整備などで約2万坪まで縮小されました。

 

ご祭神

  • 菅原道真(すがわらのみちざね)

 

ご利益

  • 学業成就
  • 合格祈願
  • 厄除け

 

長岡天満宮の境内にある鳥居

 

一の鳥居

長岡天満宮 一の鳥居

両サイドに八条が池のある参道を進んでいくと一の鳥居があります。正月や祭りの時はこのあたりから屋台が出て賑わいます。

二の鳥居

長岡天満宮 二の鳥居

参道を進んで行くと二の鳥居があります。私は何回か長岡天満宮を参拝しましたが初詣でしか訪れたことがなかったので、こんなに人気が少ないのは初めてでした。

 

初詣時は二の鳥居あたりから本殿に行くまで人が多すぎてなかなか進みません。

 

三の鳥居

長岡天満宮 三の鳥居

二の鳥居をくぐるとすぐに三の鳥居があります。

 

天満宮の願掛けスポット「撫で牛」

 

仔牛の像

長岡天満宮 仔牛の像

三鳥居をくぐると右手に仔牛の像があります。菅原道真が祀られている天満宮の中で仔牛の像を見かけるのは初めてかもしれません。

 

菅原道真=牛が神使いは仔牛の物語からスタートしたと言っても過言ではないので、こうやって仔牛の像を祀っているのでしょうか。

 

臥牛像

長岡天満宮 臥牛

その手水舎のお隣に臥牛の像があります。これぞ天満宮ですね。

 

指定有形文化財の社殿

長岡天満宮 社殿

社殿は昭和16年に平安神宮の社殿を移築したものであり、本殿は京都府の指定有形文化財に指定されています。

 

長岡天満宮の境内社(摂社・末社)

 

和泉殿社&白太夫社

長岡天満宮 和泉殿社と白太夫社

本殿右手に鎮座しますのが、和泉殿社(左)と白太夫社(右)です。

 

長岡稲荷大明神

長岡天満宮 長岡稲荷大明神

本殿左手に鎮座しています長岡稲荷大明神です。明治33年に建立されました。

 

主祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)、猿田彦神(さるたひこのかみ)、大宮女神(おおみやめのかみ)の3柱で商売繁盛・五穀豊穣・道開きのご利益があります。

 

お守り・おみくじ・絵馬・御朱印(授与所)

長岡天満宮 授与所

授与所にてお守り・御朱印・絵馬・おみくじなどの購入ができます。

 

長岡天満宮の祭事

  • 元旦 歳旦祭
  • 1/1~1/3 書初祭大会
  • 2月上旬 節分祭
  • 3月中旬 梅花祭
  • 3/25 祈年祭
  • 4月下旬 春の観光まつり
  • 5/5 筆塚祭
  • 6/30 大祓
  • 7/7 七夕祭
  • 8/25 夏祭り
  • 10/9 例祭
  • 11/25 新嘗祭
  • 11/25 火焚祭
  • 11中旬 七五三
  • 12/31 大祓

 

境内の周りに広がる「八条が池」

長岡天満宮 八条が池

寛永15年(1638年)に八条宮智仁親王(はちじょうのみやともひとしんのう)によって築造されました。樹齢百数十年のきりしまつつじが多く植えられており花の季節は多くの観光客で賑わいます。

 

京都十六社朱印めぐり

京都十六社朱印めぐりとは古都の町中に点在する十六の古社を訪ねる旅です。

 

十六社には様々なご利益があり「厄除け」「安産」から「病気平癒」「商売繁盛」「出世開運」まで多彩です。女性の方であれば「縁結び」「子授け」や受験生なら「学業成就」「合格祈願」があり、競馬ファンにも嬉しい「勝運・馬守護」の神社もあります。

 

すべて参拝すると干支の置物が授かれます。(十六社目でもらえます)

 

関連記事

神社仏閣が好きで御朱印集めをされている方、京都十六社朱印めぐりはいかがですか。京都十六社朱印めぐりとは京都の街に点在する十六社の古社をめぐる旅です。この朱印めぐりは京都十六社のあらゆるご利益が授かれます。京都十六社を[…]

京都十六社集印めぐり

 

長岡天満宮のアクセス

  • 神社名:長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)
  • 住所:京都府長岡京市天神2-15-13(Googleマップ)
  • 営業時間:受付時間4月~9月9:00~18:00 10月~3月9:00~17:00
  • 駐車場:最初の40分無料 以降30分毎に100円
  • アクセス:阪急京都線「長岡天神駅」下車徒歩10分

 

合わせて参拝したい長岡天満宮の周辺神社

関連記事

京都府長岡京市にあります「走田神社」。2018年の台風21号の影響で境内まで(鎮守の森)の木々が多数倒れ、参道がふさがれ参拝に行くことが不可能となりました。 そして被害を受けた鎮守の森の木々を伐採し、再び参[…]

走田神社
関連記事

京都府向日市にあります「向日神社」(むこうじんじゃ)は北山の勝山公園内に鎮座しており、四柱のご祭神をお祀りする神社です。 一の鳥居から社殿までの参道は長い一本道になっており、春には桜の並木道として参拝者で賑[…]

向日神社
関連記事

京都市の西京区に鎮座します「大原野神社」(おおはらのじんじゃ)は奈良の春日大社の勧請を受け創建したことから、「京の春日」と呼ばれ多くの参拝者が訪れます。 この大原野神社、一般的には拝殿前には狛犬ですがここは[…]

大原野神社
関連記事

京都市伏見区にあります「城南宮(じょうなんぐう)」。方除け厄除けのご利益があります。車で行かれる方は名神高速道路「京都南IC」2分ですので、行きやすい場所でもあります。 駐車場は無料で車は通常約160台、正[…]

城南宮